株式会社メガトレード

外観検査をデザインするMEGA TRADE

なぜRegulus64ソフトウエアシステムか?

生産性が向上
長期間の運用が可能
高性能な外観検査システムを構築できる
運用をサポートするサービス

アーキテクチャー

階層化構造 柔軟な構造
モジュールカプセル化 メンテナンス性

IT化 ネットワーク クラウド指向

ネットを通じた更新・サポートで投資効率の高い外観検査システムを構築できます。

処理・判定アルゴリズム

キズ・変色検査
測長検査
輪郭検査
フィルター処理
位置合わせ
CADデータ利用

システム

検査システムの概要
高速処理技術
検査システムのネットワーク

メガトレードモデル「長期にフル稼働」

適応例 プリント基板検査

自動機への対応・卓上機への対応・スクリプト言語で対応
PCレビューの利用

ソフトウエア/システム概要仕様

動作環境 Windows 64Bit、Qt(※1)、(Linuxについては要相談)
構成 シングルPC、 あるいはマスター/スレーブ処理による分散処理
データ階層 有り。アイテム→(レイヤー→)ページ→フェーズ→ベース
複数カメラ対応 最大32767台、ただし、キャプチャーボード、ドライバ、メモリー量の制約を受ける
複数撮影/スキャン 同一カメラで複数回撮影することが可能。メモリー量の制約と、処理時間の制約を受ける
画像最大サイズ 最大2147483648画素×2147483648画素 ただし搭載メモリー量とキャプチャーボードで制約を受ける
対応カメラ CameraLinkのライン/エリアセンサーカメラ、USBカメラ、IEEE1384カメラ(詳細はお問合せください)
複数検査装置対応 装置番号を設定し、同一LAN上に複数の検査装置を配置して運用できる。データ共有可能
対応ボード CONTEC社製PIOボード、グラフイン社製キャプチャーボードに対応
プラグイン 照明、カメラ、画面の各コンポーネント、各アルゴリズムフィルタ、スクリプト言語内DLLなど
機械系処理 スクリプト言語にて実行制御され処理される
データ格納形式 独自フォーマットの画像/アルゴリズムファイル、XMLデータベース、SQLデータベース(Firebird)
アルゴリズム 複数を指定する順序で実行可能
ロット指定 検査結果はロット単位で管理される
画面構成編集 ユーザーにて編集可能
多言語対応 仕様文字列のEXCELリストを翻訳することで多言語に対応可能
パスワード設定 各ボタンや入力に階層化されたパスワードを任意に設定可能
コメントメッセージ ユーザーでの編集可能
プロテクトキー バージョン、ライセンス管理で使用
アルゴリズム仕様
汎用検査 ブロック検査、カラーブロック検査
色ムラ検査 TrueColor検査、ピクセル検査
線強調 ハフ変換を使用しない線強調
シェーディング補正 領域ごとのシェーディング補正が可能
測長検査 輪郭線、穴径、穴中心を計測して検査
輪郭検査 輪郭付近の不良を検出
CADデータとの比較 プリント基板用Gerberデータ
位置合わせ 3箇所指定して位置補正、あるいは自動位置補正
検査領域の指定 検査領域、非検査領域などを指定
画像自動保存 検査ごとに画像を自動で保存する機能
照明校正 照明の照度を点検・校正
領域名設定 指定領域に名称を付けることができる
部品機能 同じ形状が繰り返されているとき、基準データを入れ子構造に
重要領域指定 不良発生時に重点警告を表示することができる
プログラム関係
検査実行 検査装置で動作するプログラム
編集実行 基準データを編集するプログラム
レビュー実行 PCレビューとカメラを使ったレビュー装置に対応
NG分類の詳細編集 NG種類を設定する
XMLサーバー 高速実行が可能なXMLサーバー
検査結果データ編集 検査結果の一覧を表示したり削除できる
画面編集 画面コンポーネントを配置し編集
自動起動 プログラムを自動起動する
サーバー切り替え サーバーを切り替え、複数のサーバーを使用できる
DLLチェック プラグインDLLをチェックする
設定管理 環境設定に関しての表示・編集
管理データ編集 管理データを表示・編集
言語管理 言語ファイルを管理
パスワード管理 クラス分けされたパスワードを設定・表示
PIO表示 機械とのインターフェースとなるPIO状態を表示
スレーブ起動表示 スレーブPCでのプログラム起動状態を表示
収差補正 カメラのレンズ収差を補正